岡崎智弘 グラフィックデザイナー/デザイナー

 

1981年神奈川県茅ヶ崎市に生まれる。子供時代は毎日虫を探す日々をすごす。目に入る石をひっくりかえし、森や草むらから虫の気配を感じ、採集した虫の営みを観察した経験は、現在のものづくりの取り組みの基礎となる。東京造形大学デザイン学科にて幅広く様々な領域の演習授業を(履修枠の上限を超えて)没頭する。広告代理店、デザイン事務所を経て、2011年9月よりデザインスタジオSWIMMINGを設立。グラフィックデザインの思考を基軸に、印刷物/映像/展覧会など視覚伝達を中心とした領域を繋ぎながら、文化と経済の両輪でデザインの仕事に取り組んでいる。デザインの仕事は、いままで自分が知らなかった世界や事象と向き合う機会となることと、人や社会と繋がる行為となること、あたらしい世界の捉え方や構造を発見し組み立てることができる可能性に大きな魅力を感じている。
代表的な仕事に、Eテレ「デザインあ 解散!コーナー」の企画制作、「紙工視点」「離島情報季刊誌ritokei」「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE シーズンプロモーション “anima of onomatopoeia”」のアートディレクション、「デザインあ展」の展示構成など、柔軟に活動を続ける。著書に「解散!の解/解散!の散」(ポプラ社)。2013年より多摩美術大学情報デザイン学科にて非常勤講師を務める。

 

 

 

Photo by Gottingham